中国拳法、武術、格闘技など、徒然気ままに…

太極拳ってど〜よ!?

徒然エッセイ

内藤大助×亀田大毅

投稿日:2007年10月12日

今日、TVのワイドショーでは、朝からこの話題で持ち切り。

僕は試合をビデオに撮って深夜に観たのだけど、まー、何というか…僕もご多分に漏れず、投げの反則には呆れてしまった。。
ただ、まぁ、別角度も踏まえて、ちょっと書いてみる。

内藤選手のことは、普段からボクシングをマメに観ているわけではないのでよく知らなかったのだけど、試合前日のTV番組で、会見の模様や、前から亀田兄弟との試合を望んでいたことなどを取り上げていたので、
「あ~、この選手か」
と思い出した。

亀田兄弟は前々から、強い日本人選手と対戦していないことを突っ込まれていた。
内藤選手もそのことで亀田家を挑発していたが無視されてきた。
それで、世界王者になって、最初の防衛戦に亀田を指名したのだという。
注目の日本人対決だ。

最初は兄の興毅との試合を望んでいたんじゃなかったっけか。
ひとまず弟を送り込んだというわけかな…?

それにしても大毅の、会見での腹切り宣言には笑ってしまった。
おまけに、キンキラキンのスーツを着てきて、
「どっちがチャンピオンに見える?」
というのも、ずいぶんとお粗末な物言いだ。

試合については、内藤選手のキャリアや映像を見れば、内藤有利は誰でも想像がついたのではあるまいか。
でも、試合直前の予想で内藤勝利に投票した人が圧倒的に多かったのは、亀田家に対する反発感情からであった気もする。

試合前の紹介映像で改めて内藤の過去の試合映像を見たが、改めて、やはり僕の予想は内藤だった。
ポンサクレックとの初対戦で34秒負けの映像も、当時は“日本人の恥”みたいに非難されたらしいけど、ポンサクレック上手すぎる!
このときのKOパンチは凄い。
内藤の右を左手で交わし、そのまま左パンチを叩き込むワン・ツー。
もっともツーの右は内藤がダウンしたのですれすれで空を切っていたようだが、スコーンと意識がぶっ飛んでいた。
そのポンサクレックに3度挑戦して王座をもぎ取ったのだから、内藤も当然、生半可なボクサーではない。
大毅ではまだ経験が足りないだろう。
…まぁ、判定になるとは思っていたけど、大毅に勝ち目があるとしたら、早いラウンドでハードパンチをぶち込むことができればだろうと思った。

そして試合は予想通り内藤優勢。
1Rこそベタ足で1発狙いの大毅が圧していき、内藤は攻めあぐねていたものの、2R以降は手数で圧倒していた。
その後はつらつら書くまでもなく、ほぼ内藤ペースのまま試合が進んだ。

後半、何度もダッキングやクリンチからもつれ合っていたが、9Rで内藤が何やら抗議し、またもつれあったとき、内藤が大毅の後頭部を叩くという反則で減点1。
今日になって、朝の番組に生出演した内藤選手が、このときのことを言っていたが、それによると、もつれ合っていたときに大毅にグローブの親指部分で顔の傷口をグリグリやられたらしい。

まー、結果的に。。
亀田大毅に黒星を付けて、内藤大助は男を上げたし、大人の対応も評価された。

ただ、個人的な意見としては、大毅は思ったよりよくやったと思っている。
もちろん反則はいただけなかったし、ベタ足でガードを固めて前へ前へと進んでいくばかりの喧嘩ボクシングは、もっとテクニックを磨いて欲しい感もあったが、何だかんだとあれだけ打たれてもダウンしなかったし、またそれだけきつい一発をもらわなかった点は評価できるのではないだろうか。
逆に内藤は、あれだけパンチを当てていながらダウンを奪えなかったのは課題が残るところだと思う。
年齢を考えても、今後チャンピオンベルトをどれだけ守れるかは難しい。

また、TVでも取り沙汰されているが、ファイトマネーにはかなり開きがあったらしい。
大毅が1億円で、内藤は1千万円ほどだと言われている。
かなり貧乏な状況で長年ボクシングを続けてきたことも報じられている。
それらを考えると、今までの亀田家への挑発も、打算的な部分が無かったとは言えないだろう。
今後はファイトマネーも上がって、TVへの出演依頼なども増えそうだが、如何せん年齢が年齢だ。
今までの苦労が報われるためにも、何とか数回くらいは防衛してもらいたいところだが…。。

内藤大助ポスター

内藤大助ポスター

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 格闘技ブログ 武術・武道へ

-徒然エッセイ
-, ,

Copyright© 太極拳ってど〜よ!? , 2019 All Rights Reserved.