中国拳法、武術、格闘技など、徒然気ままに…

太極拳ってど〜よ!?

徒然エッセイ

兄弟弟子 Part 3

投稿日:2007年3月22日

K池君は最初、友達と2人で来ていた。
その友達は確かM君だったと思うが、名前は、記憶に自信がない。
初めの頃、先生がみんなに、
「何の拳法をやりたくて入って来たん?」
と訊いたことがあった。
確かそのときM君が、
「形意拳」
と答えたことがきっかけで、三体式(三才式)という形意拳の基本の礼式を教えてもらった。
M君は先生から、
「形意拳は一番筋がいい。動きが素直や」
と言われていた。
ちなみに当時の僕は、何がどう違うのかチンプンカンプンだった。

しかしM君は、残念ながら数ヶ月くらいで来なくなってしまった…。
僕は内心、友達同士で来ていたからK池君もやめてしまうだろうと思っていた。
もしかしたらM君が休み始めた頃は、K池君もM君がやめるとはまだ思っていなかったのかも知れない。
しばらくは1人で来ていた。
それまではT君とK阪さんと僕の3人がよく一緒に練習していたのだが、K池君も加わるようになった。
そしてしばらくすると、M君が居なくても稽古が面白くなってきたようで、結局K池君も加わって、馴染み、古株はこの4人になった。

K池君は、あまり目立つ方では無く大人しいタイプだったので、正直言うと僕は最初、組手練習のときなど少し遠慮して突きを出したりしていた。
しかし面白味を感じ始めてからの彼は、急激に上達していった。
K阪さんとも気が合うようで、4人で集まって練習する以外にも、2人はよく一緒に練習していたようだ。
体つきもたくましくなり、突きも速くなった。
吸収が速かったのは、素直で謙虚だったことが一番大きかったのではないだろうか。
逆に言えば、考え過ぎるK阪さんや、できると思いつつ思ったよりできなくて迷路にハマる僕などより、素直な方がスムーズにいくのかも知れない。
少なくともこの時期は、K池君が最も急速に伸びたような気がする。

入門して3年を過ぎた頃、僕はちょっと自信を無くしてしまっていた。
家庭の事情でごたごたがあり、私生活が安定していなかったため、練習も今までほどできなくなり、道場も少しずつ休むようになった。
また、最初は3年もすればそこそこ強くなれると思っていたのに、それを過ぎても、自分が期待していたほど使える実感が無かった。

あるとき、バイト先に来た相撲取りの人の腹をどつかせてもらったことがある。
まったく効かなかった。
僕の拳などへなちょこパンチでしか無かった。

こんな風に鍛えている人に、効く突きをおみまいすることができるものだろうか…?

自分がやってきたことは何だったんだろう?…と思うほど、一気にそれまでの武術に対する考え方が崩れてしまった。

そんなとき、K池君とは育った地域が近かったため、ちょっと誘って2人で会ったことがあった。
そのとき相撲取りの腹を突いたがまったく効かなかった話をした。
「とてもじゃないが素人とはわけが違うよ」
するとK池君は、
「でも、相手が虚のときなら効くんじゃないですか?」
と、自信ありげな顔で言った。
「う~ん。そうだとしても、その虚をどうやって作るか…」
すると、
「お互いに動いていれば何とかなるんじゃないですか?」
…と、さらり。
あの大人しそうだったK池君がこうも自信を持つに至っているとは。。

それで僕は、入門するとき、見学に来た日に先生の腹を突いた話をした。
(※『道場見学の日の思い出』参照)
「そのときの感触とも違ってね、相撲取りは胴体に固い芯があるような感じだったよ」
と説明した。
するとK池君は、僕が先生の腹を突いたときの話の方に食いついてきた。
「あのときは凄い突きに見えましたよ」
「あれ?K池君あのとき居たん?」
僕はてっきり、K池君の方が僕より後から入ったと思っていた。
「はい。居ました。あのときは僕も初心者やったからかも知れませんが、hideさんの突きがもの凄い迫力に見えましたよ」
「そ、そうやったん…」

ともかく、本当に鍛えている相手に効くような突きというのは、そう簡単じゃないことを僕は言いたかったのだが、このときのK池君はかなりの自信を持っていた。
こうなると返って素直過ぎることが仇になってしまいそうな気もしてしまった。
果たしてその後、さらに自信をつけているのか、あるいは頭を打ったりもしながら研鑽しているのか…。
もしK池君が武術を続けているとしたら、仲の良かったK阪さんと一緒にまだやっているのかも知れない。。

まぁ、そんな感じで、3人の兄弟弟子たちを思うとき、
「これを、彼だったらどう見るだろう?」
というように、それぞれの場合を想像してみたりする。

そういう意味でも、三者三様のユニークさがあって、未だに教わり続けている気がする。。

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 格闘技ブログ 武術・武道へ

-徒然エッセイ
-, , , ,

Copyright© 太極拳ってど〜よ!? , 2019 All Rights Reserved.