中国拳法、武術、格闘技など、徒然気ままに…

太極拳ってど〜よ!?

その他

カラダがよく動く強力な助っ人

投稿日:2016年11月4日

本題に入る前にちょっとお知らせ。

幾つか前の記事でも書いたように、このブログの引っ越しを検討していたのだけど、結果から言って、あきらめた。
一応、試験的に、現在の鍛試会HPのドメイン(99taichi.info)にサブドメインを設定して、ワードプレスをインストール、当ブログの過去記事のログをエクスポートして移す、ということを、やってはみた。しかし、色々と問題が……。

まず、ワードプレスの使おうと思っている“テーマ”を設定すると、何故だかコメント機能が使用不能になってしまう。まあ、コメント機能くらいは、廃止してもメールで意見や感想を受け付けるようにすればいいかなー…って気もしたのだけど、原因もわからないままでは気持ち悪いから、ちょっと試行錯誤。結局わからず。
別のテーマにしようかとも思案。

ふと過去記事を見てみた。あれ? 何だか読みづらい。
よく見ると、行を空けて書いているはずのところが全部詰まってしまっている。
あと、HTMLのタグにCSSで設定を施してある箇所とか、記事の中で他の記事にリンクしているところとか、“seesaa”のままだから、引っ越すとなると、全部修正しなければならない。
(う~ん。こんなに面倒だったのか……)
今さらだけどワードプレスも初めてだったし、これからカスタマイズで何度か壁にぶち当たるだろうから、記事を全部編集し直すくらいなら、どうせあと一年くらいだしなぁ、と。
なので、このブログは引っ越さず、このまま続けることにした。
思っているところまで書き終えたら、半年か一年くらいは残すが、その後はこのブログを閉じる予定だ。

さて、今回の表題なのだが。

じゃじゃ~ん! 強力な助っ人の登場!!

名前は「ボディくん」と「ボディちゃん」。
つか、コレ、商品名なんだけど。

漫画やイラストを描く参考に、最初は3Dのドールを検討していて、幾つかそれ系のソフトを物色していたのだけど、そうこうするうちに漫画を描くソフトである『CLIP STUDIO PAINT』に3D人形が実装された。
(まだ『CLIP STUDIO PAINT』自体をあまり使えていないけど……)
この実装の前に、開発元がフリーソフトで3D人形のソフトを出していて、それがうまく使えなかったものだから、何だかだらだらと他の3Dソフトにも手が出せないでいた。
で、原点に戻って実際の人形はどうかと思って探してみたところ、この人形を見つけたというわけ。

いやー、関節が、動く、動く!
かなりいろんなポーズを付けられる!

前にも探したことがあって、そのとき、最近は特撮ヒーローやアニメのフィギュアの関節がよく動くようになっていることを知ったので、そういったフィギュアの中であまり装飾がなくて頭身が自分のイメージに合うものを見つけて代用しようかとも思っていたのだけど、こんなものが出ていたなんて!
……で、これだけポーズを付けられるなら、ブログで技術的なことを書くときにも使えるなー、と思ったわけ。

ただ、やっぱり細かいポーズは付けにくい。
上の画像だと、ボディくんの突き、右肩が、もう少し上がり気味でさらに前に出るようにしたかったのだけど、そこは可動域が足りなくてポーズを付けられなかった。
ボディちゃんの方は、肩があまり動かないのに加え、肘も男性より稼働域が狭い感じ。
あと、この人形は立たせることが割と可能な方なのだけど、拳法の姿勢は立たせるのが困難だ。特に後ろ足を曲げた弓歩は、足首がうまく曲がらず、バランスが取りづらい。
それでアーム付きの台座を買ったのだが、今度はせっかく付けたポーズが、台座に取り付ける際に崩れてしまう。微調整が難しい。
アームを付けた状態できちんと地面に接地させるのも難しくて、浮いたままで妥協しておかないと、またポーズがどんどん崩れていってしまう。

それでも。
やっぱりよく出来ている。充分説明に使える範疇だと思う。

ついでだからウチの姿勢について説明しておこう。

すでに気づいた人も居るかも知れないが、みなさんが周知している内家拳とは、ちょっと姿勢が違うだろう。
ウチでは胸を張る。腰から尻にかけてのあたり、尻尾の名残があるあたりをくっと上げるようにする。どちらかと言えば古流の空手や南派拳に見られるような姿勢だと思う。
以前、立ち方について説明した記事を書いたが、そのときはこれらを隠していた。
あとはまた追々……。

それから、男女一体ずつなのは、エッチなポーズを取らせるため……ではなくて、絵を描くには両方欲しかったから。それにたまたま、残り一体ずつを安く売ってるショップを見つけたからというのもあった。
……まあ、場合によっては、ちょっとはエッチなポーズも要るかな。アダルト物を描く予定は無いけど。
ただ、武術の説明となると、ちょっとこのボディちゃんではやりづらい。
ボディくんに比べて頭一つほど背が低く、体が小さいので、二体を使って技を説明しようとすると、ポーズの微調整がさらに面倒だからだ。

あと、アニメ体型を意識して作られているのか、細身なのに胸やお尻がでかい。
これも邪魔になりそうだ。

……失礼。

試しに二体のカラミを付けてみたのが、以下。

この2枚の写真では、二体が接触していることによってアームが無くても立っている。しかし、技を分解して説明する際にはアームで立たせないと無理っぽい。
あと、胸の部分はただの固い塊でしかなく、マジに邪魔なので、必要なら男性人形をもう一体買おうと思っている。

鍛試会のHPもリニューアル作業中なので、技術的なことは鍛試会HPの方に新しいブログを開設して、そっちでやろうかということも、併せて思案中だ。
いずれにしても、当ブログの中でも今後、多少は技術的なことに触れるので、これからボディくんとボディちゃんには活躍してもらうことなるだろう。

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ にほんブログ村 格闘技ブログ 武術・武道へ

-その他
-, , ,

Copyright© 太極拳ってど〜よ!? , 2019 All Rights Reserved.